癌に続く死因

    心疾患による日本の死者数は、平成25年度で約19万6千人となっています。これは癌に続く死因第二位です。心疾患の...

    Readmore

    食生活が主な原因

    上述のように、心筋梗塞は日々の食生活が主な原因となります。従って、食生活を見直すことによってある程度は予防する...

    Readmore

早めの治療が必要

人工呼吸の訓練

一般的に心筋梗塞とは心臓の周りにある血管が何らかの原因により詰まってしまう状態を言います。
心臓に血液が行かなくなってしまうと、血液の供給されない部分が壊死してしまうので生命に関わる危険な状態となります。
ですから発症した時は早めの治療が必要です。
原因と言われている物が動脈硬化です。
動脈硬化は血管の動脈が固くなってしまう状態ですが、原因としては年齢と生活習慣が関わっていると言われています。
予防としては生活習慣の改善が大切とされています。
生活習慣は個々により異なりますが、一般的に油脂や糖分アルコール摂取の割合が多い食生活、喫煙、運動の習慣がない、ストレス状態が多い人ほど病気を発症しやすいといったデータも出ています。

心筋梗塞と似ているとされている病気に狭心症があります。
この二つは心臓の動脈効果が主な原因とされていますが、発症の仕方に異なりがあるとされています。
狭心症の半数以上は動脈硬化の進行により徐々に血管が狭くなる事で症状を発症すると言われています。
主な症状は心臓に負荷がかかった時に胸の圧迫感や呼吸困難を感じる事です。
狭心症にもいくつか種類があり安静にしていても胸の違和感を感じる事もあります。
しかし症状の持続時間は数分間とされています。
これに対して心筋梗塞は突然起こる割合が7から8割であり、多くの方が感じるとされている胸痛が数時間に及ぶ場合もあると言われています。
また緊急性も高いので早期の治療が必要となっています。

病気を発症した時にはまず塞がっている血管を開通させる治療が必要です。
方法はいくつかありますが、多くの方に行われている方法がカテーテルやバイパス手術と言われる治療方法です。
治療に関する費用は高額と言われており、カテーテル治療の平均額は200万円前後、バイパス手術の場合は300万前後となっています。
しかしこれらには全て保険が適用されるので保険に加入していれば全額自己負担となる事はありません。
また高額療養費制度も利用が可能となる為、自己負担をした場合でも後から払い戻しが可能となっています。
日本では三大疾病と言われている一つに心臓の病気が入っており、今後も治療費は多くなると予想されています。
しかし生活習慣の改善で予防が可能と言われているので個々の意識が大切です。

オススメリンク

発症率を下げることが可能

心筋梗塞は効果的な予防策を講じることにより、発症率を大きく下げることが可能です。
予防するには、日々の食生活と生活習慣の見直しを工夫することが大切です。
そもそも心筋梗塞は、血液の流れが滞ることによって血管に負担がかかり、冠動脈が血栓などで閉塞されるために起こります。
血液は心臓をポンプとして、毎秒大量の血液…Read more

関連リンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年4月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930